秘密証書遺言について

| 未分類 |

秘密証書遺言というのは、民法のなかでは普通方式の遺言の一種として認められているものです。この方式の遺言では、遺言の内容そのものは誰にもわからないように秘密にすることができ、しかも遺言が存在することは公証人によって証明してもらえるというところにメリットがあります。
具体的な作成の方法ですが、まず遺言をする本人が遺言書を作成して、これを入れた封筒の綴じ目には、遺言書そのものに押した印鑑と同じもので封印をします。その際、自筆証書遺言とは異なり、全文自筆ではなくても、例えばワープロなどで打って作成したとしても、遺言の効力としては問題がないものとされています。
作成後は、証人2人以上とともに、その遺言書を持参して公証人役場を訪れ、本人および証人が署名・捺印をするとともに、公証人に証明をしてもらうという段取りになります。こうして証明をしてもらった遺言書は、持ち帰って遺言者自身が保管をすることとなっています。
なお、この制度では公証人は内容の確認まではできませんので、例えば遺言書に自筆の署名がなかったり、捺印を忘れていたりといった、形式上の不備があった場合については、その遺言が無効になってしまうおそれもあります。