普通方式について

| 未分類 |

遺言というのは、遺言をする人の真意を確認するためのものですので、どのように作成すればよいのかという厳密な形式が民法のなかで規定されています。
生命の危険が迫っているなどの特別な事情がある場合に限っては、例外的に特別方式とよばれる方式が認められていますが、一般的な場合に適用されるのは普通方式とよばれているものとなっています。
この方式にも自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言という3つの種類があり、それぞれにメリット・デメリットを含めた特徴がみられるものです。
自筆証書遺言は、遺言者がすべての文章を自筆で作成するもので、費用がかからず、証人なども必要がないために簡単ですが、法律の形式と違ってしまったために無効となる場合が多いので、注意が必要なものです。
公正証書遺言は、公証人役場で公証人により口述筆記してもらうもので、法律上の不備となるおそれが少なく確実であるといえますが、公証人の費用がかかるほか、証人2名が必要になるなどのデメリットもあります。
秘密証書遺言というのは、遺言書が存在することは公証人に証明してもらうものの、内容そのものについては秘密にすることができるという遺言書の形式のことで、やはり費用や証人が必要になり、手続きがめんどうであるというデメリットがあります。