公正証書遺言について

| 未分類 |

人が亡くなった後、その人の築き上げた財産は、残された人々によって引き継がれることになりますが、その際に相続争いが発生することは珍しくありません。「争族」などと表現されることもあり、状況によっては、これが発端となり、それまで仲の良かった親族が疎遠になる場合や、さらに、険悪になってしまう事例もあるようです。
このような相続争いは、できるだけ回避したいと言うのが人情でしょう。そして、「争族」回避には、遺言書の作成が有効です。
ちなみに、遺言書には、いくつか種類があります。このうち、最も確実な遺言書は、公正証書遺言です。この遺言書は、公証役場に出向き、2名以上の証人の立会の下、公証人が、被相続人の口述内容を筆記するといった形で作成されます。なお、公証人は、法務大臣から任命された裁判官や検察官、弁護士などが務めます。ということは、法律家が作成する遺言書ということになります。つまり、形式不備によって無効となってしまうリスクが最も小さい遺言書となるワケです。さらに、作成された遺言書の原本は、公証人によって厳重に保管されます。したがって、紛失や偽造の心配もないのです。費用の点に問題がなければ、最もお薦めと言えるでしょう。