特別方式について

| 未分類 |

民法の規定によれば、遺言にはいくつかの種類があり、一般的な場合は普通方式によることになりますが、死期が迫っているなどの特別な事情があり、普通方式が使えない場合に認められているのが、特別方式とよばれるものです。
この方式には、大きく分けると危急時遺言と隔絶地遺言の2つの種類があり、さらにその中でも細かな分類がありますが、普通方式に比べると様式が簡略化されるなどの特徴があります。
一般危急時遺言は、危急時遺言の一種で、病気やケガなどの理由で死期が差し迫っているようなときに、本人が口頭で内容を述べ、それを他の人が筆記をして、証人とともに署名・捺印するというものです。
同じく危急時遺言の一種である難船危急時遺言は、乗っている船舶が遭難して死亡の危機が迫っているときに、やはり本人が口述し、他の人が筆記して、証人とともに署名・捺印するものです。
一般隔絶地遺言は、隔絶地遺言の一種で、伝染病対策のための行政処分で交通が遮断された場所にいる人が、みずから筆記し、警察官と証人の立会いとその署名・捺印で成立するという遺言です。
船舶隔絶地遺言も、同じく隔絶地遺言であり、船舶内にいる人がみずから筆記し、船長または事務員、証人の立会いと、署名・捺印により作成するものです。