自筆証書遺言について

| 未分類 |

自筆証書遺言というのは、遺言をしたい人がみずからその内容を紙に書き記したもので、自筆とあるとおり、パソコンやワープロを使わずにすべて自書した上で、最後に書いた日付と署名を入れ、さらに押印しなければならないという決まりになっています。
ただし、途中で書き間違いがあった場合には、訂正することも可能ですが、その訂正した場所に押印した上で、どこを書き直したのかを付記して、さらに押印をすることが必要となります。
この方式による遺言は、誰でも簡単にでき、費用がかからないということから多く用いられていますが、必要になるときまでに紛失してしまったり、誰かが内容を改ざんしてしまうおそれもあるという点では不安が残ります。
また、法律上の形式にのっとって書かれていればよいものの、訂正のしかたを間違えたり、日付を書き漏らしたりといった、ごく単純なミスによって、遺言書そのものが無効になってしまうこともありますので注意が必要です。
さらに、死後に相続人などがこの遺言書を発見した場合には、家庭裁判所に提出をした上で、その検認を受けなければならないこととなっていますので、作成するのは容易であっても、遺言書の内容を実行する側としては面倒な手続きが必要となります。